2018年02月27日

【よく見ると見えてくるもの】

先日、小学生の生徒さんに「すごろくを作りたい」と言われ、それじゃあ作ってみようか、ということでレッスン2回を使って作りました。

AB639391-1B80-4F46-9D68-41B0E8247644.jpg

大きめの紙を土台にして、それぞれのマス目を作って、好きなように並べてマス目を貼り付けるという手順で作ってもらったのですが、

長時間じっくり取り組むよりは、直感で閃いてパパッと描くタイプのお子さんなので、「疲れた。。。」というのを励ますために、一部のマス目は私も描き、ちょこちょこと休憩をはさみながらでした。

長時間取り組むのが苦手ではあるのですが、かといって全てに集中力が続かないのかというとそうでは無くて、本当に興味のあるもの、本当に好きなものに対しては、「これ難しいもうやだ」と言いながらも仕上げていきますし、

直感の閃きが多いとは言え、案外と自分の中にこうで無くてはダメ、という秩序のようなものがあるようで、すごろくのマス目も整列しています(マス目の置き方は完全に自由にしてもらい、私が口出しはしていません)。

この生徒さんとはもう3年以上のお付き合いになるので、その間、人間として心身ともにめまぐるしく成長しています。その成長に合わせて、個性を探り、レッスンのペースも調整していくのは大変でもあるのですが、「絵を描くって楽しい」という思いだけは育てていきたいなと、いつも考えています。
posted by アトリエうみねこ at 00:17| Comment(0) | レッスンの様子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする