2019年02月25日

【とがびアートプロジェクトのシンポジウム】

大学で教職課程も履修している関係上、
ここのところ、児童生徒たちの作品展や関連セミナーなどに行く機会が
増えつつあります。

昨日は、長野県で10年がかりで行われた

とがびアートプロジェクト

の書籍出版記念シンポジウムにお邪魔しました。

こちらの本です。

20190225-01.jpg

とがびアートプロジェクトについては、
実は今回初めて知ったのですが、
長野県千曲市立戸倉上山田中学校1年生の
総合的な学習の題材として始動し、
中学生が主体となって
美術館や地元アーティストと協業しながら
中学校を数日間だけ美術館にする、
というプロジェクトのようです。
もちろん、生徒達みずからも作品を制作展示します。

もしかしたら、このブログをお読みの方で、
関係者の方もいらっしゃるかもしれませんね。

私は今回初めて知ったことなので、
プロジェクトの全貌はわかりませんし、
一体何が現地で起きていたのかもわかりません。
(そういえば私がまだ会社員だったころの話ですし)

ですので、これから、会場で購入した本を読みながら、
私も自分の教え方や教える人としての土台について
もう一度考える機会としたいと思います。

せっかく絵を学んだのならば、
「上手に描けるようになった」と満足するだけでなく、
さまざまな作品に触れ、感じ、知識を積み重ね、
自己表現というところまで辿り着いて欲しい。
私もまだその途中ですが。


posted by アトリエうみねこ at 10:49| 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。