2016年06月21日

【練り消しゴムも画材になる】

私のレッスンは大人向けに考えている内容ですが、ご要望があれば子どもさんのレッスンもお引き受けしています。

ただし、本当にデッサンしかしないので、その点は保護者の方に納得していただいた上で、いらしていただいています。

さて、練り消しゴムも画材になるということをレッスンの中で何度か説明するのですが、消しゴム=消し具(間違えた時の修正に使うもの)という役割のイメージが強いのか、伝わりづらいようです。

やはり、デモをする(もしくは実践する)のが一番わかりやすいと思います。

子どもさんのレッスンの時に、私が描き進めていた動物写真の模写で、生徒さんに練り消しゴムの使い方を試してもらいました。

練り消しゴムの一部を、ヘラのように平たく成形して、鉛筆の色の重なった部分に切り込むように消しゴムを入れると、細く白く色を抜くことができます。

白く毛並みを抜くのを、生徒さんに。
そこへ鉛筆で毛並みを足すのを、私が。

1枚の絵にそれぞれ役割分担して、お腹のあたりを中心に、タッチを重ねながら質感を作っていく感じを体験してもらいました。

331AB122-ABEC-4A92-A111-2B78325B0CE4.jpg

少しずつ質感が変わっていく様子が楽しかったようです。(模写はまだ完成していません)

この練り消しゴムの使い方を、いつ本人のデッサンに活かしてもらえるかはわかりませんが、少しずつ成長していくのが楽しみです。
posted by アトリエうみねこ at 08:45| Comment(0) | レッスンの様子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月30日

【Instagramで講師のデッサン公開中です】

アトリエうみねこは、マンツーマン形式主体のレッスンで、個人運営のため講師は私(はやしすみこ)のみです。

マンツーマンのレッスン中は、生徒さんが集中して描いている向かい側に座って、私も同じモチーフを一緒に描いています。

生徒さんは、余裕さえあれば私がデッサンする一部始終を覗くことができる、ということです。
私も緊張はしますが、やはり「描いているところを見る」というのは非常に参考になるので、重要なことだと考えています。

さて、Instagramにて、私の描いたデッサンをご覧いただけます。

私の日頃のトレーニングとして描いたもの、レッスン教材として描いたもの、レッスン中に指導用として描いたもの、あと時々、私自身の作品などを投稿していますので、ご興味のある方ぜひフォローしてみてください。

アカウント:atelier_umineko
https://www.instagram.com/atelier_umineko/
posted by アトリエうみねこ at 23:10| レッスンの様子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする