2016年09月26日

【タッチが違うだけで絵も変わる】

今回は、私が今通っている(私が習いに行っている)デッサンのサロンの話です。

数年前から通っているデッサンのサロンでは、アンティークドール何体かがモチーフとして常備されており、生徒たちは毎回どれかを選んだり、1年近くも同じドールのデッサンを描き続けたりしています。

同じモチーフしかないと退屈なのでは?と思いそうですが、これは、一度描いたくらいでモチーフは理解できないという、師匠の方針だと思います。

さて、そのサロンでここしばらく、クマのぬいぐるみをボールペンで描き続けています。

私自身の生徒さんで、ボールペンでの継続レッスンを受講中の方がいらっしゃるので、私もボールペンをもう少し研究してみようという意図もあります。

これまでに、同じぬいぐるみで3枚のボールペン画を描いてみたのですが、毎回少しずつタッチを変えて、納得行くまで描き続けてみようと思って続けています。

最初に描いたのがこれ。
4F26556C-F1B3-464D-89BE-78C5176F0A54.jpg
毛並みを全部描くと真っ黒になりそうなので、あえて明るい部分を広くして質感を真っ白に飛ばしました。
これはこれで面白いのですが、実は毛の質感をもっと工夫したくて、次に描いたのがこれ。
86E50FB7-E7CA-4E0E-AD87-7813EA53A310.jpg
毛のタッチに少しパリエーションを出してみました。ただこれは、クマの片目を隠してしまったので微妙な構図なのと、テーブルの影が少し単調に思えて、次に描いたのがこれです。
3B654A13-6430-4932-90AD-B1C89B05053A.jpg
これは全体的に毛の質感(奥の方は大きな流れの線を中心に)を描き込み、水平線だけだったテーブルの影を、8の字を長く横向きに連ねるようなタッチで少し柔らかい表情にしてみました。

描線主体の場合、線のタッチのバリエーションが増えると表現の幅も広がります。

自分の描きたいイメージ、好きな雰囲気をデッサンに持たせるために、どんなタッチを使ったら良いか、常に手を動かしてタッチのストックを作っておくと良いと思います。


posted by アトリエうみねこ at 23:42| Comment(0) | ライフワーク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月08日

今日のデッサン 20160608

Today's Stilllife 20160608
ある生徒さんのモチーフにと用意した白い物の組み合わせ。白さを意識しながらサンプルを描きました。


生徒さんの教材として用意するモチーフは、毎回自分でも描いてみてからレッスンに持参します。

ある生徒さんのモチーフにと用意した白い物の組み合わせ。白さを意識しながらサンプルを描きました。次回またはその次のレッスンで実際に描いていただくことになります。

私自身もデッサン歴は充分ではありませんし、特に素晴らしいデッサンが描けるわけでもありません。
ただ生徒さんの上達のために、私も経験を通じて上達への道を作っていくしかないと考えています。

※ 私自身の日々のデッサンはInstagramでも公開しています。
posted by アトリエうみねこ at 18:37| Comment(0) | ライフワーク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月07日

【思いつきから生まれるものも】

デッサンはただ描写するものとは違う、と言う人がいます。

ことばでさらりと言われてしまうと、何となく煙に巻かれる心地がします。私は今のところ、教える側に立ち始めて3年経ちましたが、その核心に触れることはできていない気がします。

核心が見えないという想いほど悶々とすることはないのですが、最近、とりあえず思うままに手を動かしてみるのもいいかなという気になっています。

ある日ふと思い立って、紙粘土を捏ねてみました。塊にして、握ってみて、何となくストンと腑に落ちる形になればいい。

だからどうなるというとそれもよくわからないながらも、しばらく捏ねた紙粘土の塊をひたすらデッサンしてみようかなと思います。

こんな風に。

634C8F87-9728-46A4-A2C4-8A3CD980B1E7.jpg

もし、何かの意味をみつけたら、それはいつかいずれかの生徒さんのレッスンに、エッセンスが盛り込まれていくと思います。
posted by アトリエうみねこ at 01:13| Comment(0) | ライフワーク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。