2017年05月12日

【絵が上達していくプロセスはなだらかではなくて】

よく感じるのですが、デッサン(絵)というのは、人生みたいだなと。
。。。人生わかったような言い方でちょっとこそばゆいですが。

モチーフを大局的にとらえたり、細かく観察したり。
描き進めるごとに、すでに描いた部分のバランスが崩れたり。
何度も色を重ねたり削ったりしてバランスを取り直したり。
どこまで描けたら完成なのか、止めどころが難しかったり。
思うように描けなくて迷路に入ってしまったり。
でも完成したときは充実感があったり。

ある生徒さんのレッスンで、モチーフの形を整えていく際の、描写の駆け引きの話をしていて、その後「こうやってあれこれ試行錯誤する感じが、デッサンって人生みたいだと思いませんか」とふと言ってみたら、その生徒さんはしばらく沈黙した後に仰いました。

「つまり、諦めてはいけないということですね。」

その生徒さんは、レッスンを始めてから2年半くらい経っているのですが、もしかして、今その人が日々一番大切にしているのが、諦めない、ということなのかもしれません。

さて、デッサンだけでなく、物事を習得していく過程というのは日々どんどん上達していくという感じではないと思います。日によってはなんだか調子が出なかったり体調に左右されるというのもあるのですが、習得するというのは、今までできなかったことができるようになるということなので、「できた」という実感の積み重ねが必要です。

実感を得るためには、新しいことを実践しなければならないのですが、新しいことは誰もが「うまくいかない」ところから始まります。そして、何度も実践を繰り返し、ある日ふっと腑に落ちる瞬間がきて、その時に一段、階段を上ることができるわけです。

その一段というのは、規則正しく用意されているわけではなく、次の一段までがあっさりだったり、いつまでたっても次の一段に届かないこともあるし、次の一段があるのかどうかもわからないこともあります。

ただ、続けていく限り次の一段は必ずあって、その一段の実感まで諦めずに頑張り続けられるかどうかの差なのだと思います。残念ながら、その一段の実感を待てずに諦めてしまう人は結構多い。

生徒さんには、その一段を上れるまでの時間を諦めないでください、とよくお話します。
生徒さんの次の一段のために、私自身もまだしばらく頑張っていたいと思っています。
posted by アトリエうみねこ at 00:25| 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月28日

【調布市の小学校連合図工展 1/27〜1/30】

調布市内の公立小学校20校及び調布特別支援学校から、児童の作品が出展される連合図工展。
昨年、生徒さんのお母様から伺って、初めて展覧会の存在を知りました。

昨年展覧会を観に行ったときに、小学校の図工教育はずいぶんいろいろな試みをしているのだなと大変興味を持ったため、今年も開催を楽しみにしていました。

調布市役所の隣、たづくり2Fの南北ギャラリーにて、市内小学校の連合図工展が始まりました。1/30まで。さっそく見学してきました。
#調布 #小学校 #図工展 #図工 #たづくり #展覧会 #ギャラリー


早速、初日に伺ってきました。

私のデッサンレッスンは、本当にデッサンしかしませんし、基本的には大人の初心者向けの内容です。ただ、子供さんにデッサンを習わせたいというお問い合わせもたまにはあります。

私は美術教員の免許も経験もないし、造形教室のスタッフもしたこともないので、お教室の本来の趣旨と私の対応可能範囲について説明した上で、保護者様にご納得いただければレッスンをお引き受けしています。

そのようなわけで、現在は2組のレッスンをお引き受けしていますが、どうしたら様々な年齢の子供さんをスムーズにデッサンへ誘導していけるのか、常に手探りです。

学校の図工教育で何が行われているのかは、非常に興味がありますし、私にとっては必要な情報です。実際に作品を見ながら、「子供たちをどのようにこの題材に導いていくのだろうか」とか「何年生になるとどのくらい抽象的なテーマに取り組めるのか」とか、授業の進め方や、認知の発達過程などについてあれこれイメージを巡らせ、レッスンにどう活かしていったら良いのかを考えるのが面白いです。

「デッサン」という言葉のイメージは、一般的には「窮屈なもの」かもしれませんが、そういったイメージを超えて、生徒さんが子供でも大人でも「よく見て発見しながら描くことは楽しいことだ」ということを、試行錯誤しつつ伝え続けていけたらいいなと、改めて心に決めながら会場を巡りました。

調布市の小学校連合図工展、1/30(月)まで、たづくり2Fのギャラリーで開催中です。最終日は早めに終了となるようなので、ご興味のある方は展覧会スケジュールにお気をつけてご覧ください。

調布市のHP、連合図工展の案内ページ
http://www.city.chofu.tokyo.jp/www/contents/1292982128503/index.html
posted by アトリエうみねこ at 23:03| 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月16日

【思うように描けなかったときも日付とサインを残そう】

先日、年内最後のレッスンとなったある生徒さん。
じっくり時間をかけて、ジャガイモ2個の組みモチーフを仕上げました。

この方は、昨年も別テーマでジャガイモ2個の組みモチーフを描いたことがあるので、レッスンの最後に、昨年のデッサンと今回のデッサンを比べてみました。

今回のデッサンでは、ここしばらく課題としてきたモチーフの「かたまり」としての捉え方が大きく向上し、不規則な形のモチーフにも積極的に「面」を探そうという意識を持つようになり、実際に描写からその意識が伝わってくるようになりました。
色味や質感に対する積極性も少し増してきたように思います。

ご本人もご自身のデッサンの変化に気づくような変化だったので、改めて来年も頑張りましょう、ということでお開きになりました。

私も時々、生徒さんにお渡しするレジュメ用に描くサンプルデッサンや、レッスン中に描いたデモピースに日付を入れ忘れてしまうことがあるのですが(レッスン簿と一緒に保管するので日付はたどれるのですが)、デッサンは、仕上げたときの日付とサインを残す習慣をつけておくと良いと思います。

たいていの生徒さんは、様々な目的で同じモチーフを復習することがあります。
ですから、同じモチーフのデッサン同士を比べてみると、時間の経過とご自身の変化の関係が特にわかりやすいです。

サインを入れるというのは、これは自分が描いた作品であるという意識を持っていただく目的です。

思うように描けなかった日のデッサンも、日付とサインを入れて保管しておいてください。
もちろん保管の目安は、「気が済むまで」とか「保管スペースに困らないうちは」でよくて、特に強制されるものではありませんが、私の生徒さんならば私のレッスンに通っていらっしゃる間は全て保管されることをお勧めします。

きっといつか、ご自身のデッサンの変化の過程を、ありありと知ることができると思います。
単純に「下手が上手になった」ということではなく、何がどのように改善/向上し、ご自身の個性が発揮されてきたのか、その過程が感じられるようになるはずです。
posted by アトリエうみねこ at 16:54| 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする