2017年10月13日

【お教室とご縁とタイミング】

現在、個人教授で動いているため、マンツーマン主体、生徒さんのご都合も考慮したスケジュール組み、とそれなりにフレキシブルな運用をしているアトリエうみねこです。
おかげさまで、通常のレッスンのほかにも、回数こそ少ないとはいえ、公開講座やイラストレーションのお仕事も並行しています。

そういう中で、せっかくレッスン希望のお問い合わせをいただいても、折り合いがつかない事例がいくつかはあります。そういう場合はレッスンそのものが成立せず、お問い合わせくださった方も残念に思われるでしょうし、私自身も残念な気持ちになります。

絵画教室とひとくちに言っても、運営方針やメソッド、先生自身の人柄なども千差万別でしょうから、レッスンが成立すること自体、ご縁としか言えないと思います。

私も自分のスキルアップはまだまだ必要なので自分自身の通う先生や教室も必要と思って探しますが、なかなかマッチングは難しく、多少無理して通ったりという場合も当然ありますので、ご縁とタイミングいうものは本当に実感します。

初回のお問い合わせでレッスンが成立しなかった方も、何らかのご縁の片鱗があることには変わりがないので、これで終わりというのではなく、また、時を経てご縁があるかもしれません。

私もずっと変わらない運用形態でレッスンをしているとは限りませんし、5年後10年後は分かりません。

ただ、絵を描くことに悩みを持つ人たちの背中を押せる人でありたいという気持ちはいつまでも変わらないつもりでいます。

またいつか、何かのきっかけでご縁が繋がりそうでしたら、その時はタイミングが来たのかなということで、またお話ができたらいいなと思います。
posted by アトリエうみねこ at 10:50| Comment(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月15日

【デッサン向きのモチーフって何だろう】

ベーシックレッスンの修了課題や、継続レッスンの中で、生徒さんに自由にモチーフを選んでいただく機会があります。

その時の質問としてよくあるのが、

「どういうモチーフがデッサン向きでしょうか」
「◯◯はデッサンに向いているモチーフでしょうか」

というものです。

私の答えはいつも「描きたいものをモチーフに選んでください、デッサン向きのモチーフというものはありません」という趣旨になります。

そうすると、たいていの場合は「困ったな」という様子でしばらく考えてしまわれるのですが、モチーフが、デッサンに向いている/向いていないという区別は、基本的には存在しないと私は考えています。

私が講師の立場でレッスン用のモチーフを選ぶ時は、その生徒さんにチャレンジしていただきたい技術の練習に適切だろう、という観点で選んだりアドバイスしたりすることは多いです。

ですが、生徒さんご自身がモチーフを選ぶ時は、「これが描きたい」と思うものを選んでいただくのが一番です。

ベーシックレッスンではモチーフが決まってしまっていますが、継続レッスンの生徒さんは、描きたいものがある時は、ぜひ「次回はこれを描いてみたいと思うのですが」とご相談いただければと思うのです。

もちろん、その生徒さんには少し難しいかなというものはあるかもしれませんし、モチーフによっては私の方から重点課題としてテーマ設定をすることもあるかもしれません。。。
それでも、描きたい、という気持ちを持てることこそ大切です。

絵を描くには、「これを描きたい」という欲求や衝動が何よりも大きな原動力になります。描きたいものであれば、たとえ難しくても「どうしても描ききりたい」という気持ちで取り組めるので、完成したときには、上達のステップを一段昇っているかもしれません。

デッサンに向いているか、向いていないか。
簡単に描けるか、描くには難しいか。

そういう観点は、ぜひ忘れてしまってください。
レッスンの中での必要な誘導は私がいたします。私はそのために講師として生徒さんの目の前にいます。
posted by アトリエうみねこ at 00:39| Comment(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月12日

【水溶性グラファイトを試してみました】

レッスンでは、生徒さんからも色々な情報が入ります。先日は、水彩鉛筆があると教えていただき、画材店で探してきました。

水彩色鉛筆はスケッチなとでわたしもよく使っていますが、グラファイトで水溶性のものがあるとは知りませんでした。

さっそく試してみたのがこちら。
左側は普通に描いたもの、右側が水筆で水彩風にのばしたもの。本当に水彩鉛筆ですね。

72167C84-9812-4A03-9ED7-52107063D420.jpg

水でのばすと思いの外真っ黒になるので、色の濃さの加減や使い所は、慎重に選んで描いていく必要があるかもしれません。

水溶性グラファイトは複数メーカーから発売されているようですが、某画材店のスタッフさんもよくご存知なかったようなので、日本では認知度高くはないのでしょうか。

少しこの画材について自分なりに調べてみようと思います。
posted by アトリエうみねこ at 01:37| Comment(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする