2016年12月16日

【思うように描けなかったときも日付とサインを残そう】

先日、年内最後のレッスンとなったある生徒さん。
じっくり時間をかけて、ジャガイモ2個の組みモチーフを仕上げました。

この方は、昨年も別テーマでジャガイモ2個の組みモチーフを描いたことがあるので、レッスンの最後に、昨年のデッサンと今回のデッサンを比べてみました。

今回のデッサンでは、ここしばらく課題としてきたモチーフの「かたまり」としての捉え方が大きく向上し、不規則な形のモチーフにも積極的に「面」を探そうという意識を持つようになり、実際に描写からその意識が伝わってくるようになりました。
色味や質感に対する積極性も少し増してきたように思います。

ご本人もご自身のデッサンの変化に気づくような変化だったので、改めて来年も頑張りましょう、ということでお開きになりました。

私も時々、生徒さんにお渡しするレジュメ用に描くサンプルデッサンや、レッスン中に描いたデモピースに日付を入れ忘れてしまうことがあるのですが(レッスン簿と一緒に保管するので日付はたどれるのですが)、デッサンは、仕上げたときの日付とサインを残す習慣をつけておくと良いと思います。

たいていの生徒さんは、様々な目的で同じモチーフを復習することがあります。
ですから、同じモチーフのデッサン同士を比べてみると、時間の経過とご自身の変化の関係が特にわかりやすいです。

サインを入れるというのは、これは自分が描いた作品であるという意識を持っていただく目的です。

思うように描けなかった日のデッサンも、日付とサインを入れて保管しておいてください。
もちろん保管の目安は、「気が済むまで」とか「保管スペースに困らないうちは」でよくて、特に強制されるものではありませんが、私の生徒さんならば私のレッスンに通っていらっしゃる間は全て保管されることをお勧めします。

きっといつか、ご自身のデッサンの変化の過程を、ありありと知ることができると思います。
単純に「下手が上手になった」ということではなく、何がどのように改善/向上し、ご自身の個性が発揮されてきたのか、その過程が感じられるようになるはずです。
posted by アトリエうみねこ at 16:54| 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月12日

【残暑お見舞い申し上げます】

残暑お見舞い申し上げます。
8月に入り一層暑い日々が続いておりますが、暦の上では立秋です。
これから徐々に秋の気配を感じる機会が増えていくのではと思います。

さて、7月の下旬に月中最後のレッスン開催をしてから2週間ほどのお休みをいただき、8月後半から順次レッスン再開となります。

少し長めの夏季休暇になりましたが、レッスンをお休みしている間はずっと美大の公開講座を受講しておりました。まだ少し講座の日程を残しておりますが、集中的に通うのはこれでおしまいです。

生徒さんには受講期間のスケジュール調整にご快諾をいただき、本当にありがとうございました。

実際のところ、受講した講座の内容は色々と予想外だったのですが、思わぬ観点から自分自身を見直すことができ、良い経験となりました。

いつまで経っても、人間というのは能力向上の余地があるものだと思います。
できるだけ長い間ご一緒に、生徒さんとともに向上していきたいと思いますので、これからも折を見て勉強を続けるつもりです。

さて、その公開講座の中で人物クロッキーをする時間がありまして、その時に描いたものを1枚だけご紹介します。

20160812_umineko_01.jpg

このクロッキーを含む私の最近のクロッキーは、8/20(土)に予定している指導なし/着衣の人物クロッキー会にて、ご参加メンバーの方々に実際にご覧いただく予定です。
posted by アトリエうみねこ at 18:38| 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月14日

【鉛筆の色の濃淡と筆圧の関係】

ここのところ、何人かの生徒さんで気付いたことがあって、改めて、それぞれの生徒さんの筆圧についても知っていると教えやすいかも、と感じています。

よく、明るい面と暗い面の描き分けで、

「明るい面には薄い鉛筆、暗い面には濃い鉛筆を使えば良いのでしょうか?」

という質問を受けることがあります。

たいていの場合「どちらとも言えない」と答えています。

例えば、2Hと2Bの鉛筆でそれぞれ色を乗せてみるとわかります。

H系の鉛筆は、芯が粉の粒子も細かく硬く練ってあり、色が乗りにくく、画用紙の表面の質感が出にくいです。

一方、B系の鉛筆は、芯が粉の粒子も粗く柔らかく練ってあり、色が乗りやすいし、画用紙の表面の質感を活かしやすいです。

単純に鉛筆の濃淡だけで面の明暗を描き分けようとすると、目に見える質感が変わってしまうので注意が必要です。

同じ2Bでも、筆圧を変えるだけで画用紙に乗る粉の量が変わるので、質感を保ちながら明暗の違いを出すことができます。

つまり、鉛筆の濃淡は目的に応じた使い分けをしたほうが効果的なので、「どちらとも言えない」という答えになるわけです。

こういったアドバイスをする中で、生徒さんがなかなか私のデモと同じような質感で描けない場合があって、

もちろん描き慣れないということもあるかもしれませんが、生徒さんと私の筆圧が違いすぎて、お互いの描いた結果が異なってしまった、という体験が、複数の生徒さんでありました。

筆圧の調整というのは、その人の感覚的なものであったりもするので、明確な度合いが伝わりにくいようですし、実際生徒さんがどの程度の強さで描いているのかも、私には体感できません。

「どうして思うように描けないんだろう」という時には、意識的に筆圧を変えて描いてみたりすると、新しい発見があるかもしれません。
posted by アトリエうみねこ at 14:17| Comment(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする